慢性腎臓病について

慢性腎臓病は、腎臓のなかで血液をろ過し、尿をつくる部分(ネフロン※)が徐々に壊れていく病気です。

正常な猫の腎臓では、1つ当たり約20万個のネフロンが働いています。
(下、イメージ図)

ところが、一部のネフロンが壊れてしまうと、
ほかのネフロンがその分も無理して働こうとします。

残されたネフロンに負担がかかりすぎ、さらに壊れるネフロンが増えます。

こうして慢性腎臓病では、腎臓の機能が低下していってしまいます。

腎臓は血液中の老廃物をおしっこに出せなくなりますが、
それでも汚れを出そうと無理をして、 水のような色の薄いおしっこをたくさん出すようになります。

体のなかに汚れがたくさんたまって、猫は弱ってしまいます。
また、色の薄いおしっこをたくさん出すことで脱水状態になり、うんちは硬くなることが多くなります。貧血を起こしたり、骨がもろくなり骨折しやすくなることもあります。

慢性腎臓病・セミントラ®説明動画

慢性腎臓病・セミントラ®説明動画

®登録商標